読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

夢は大きく歩みは手堅く

トリハダ代表 野島優一のブログ

行動と成果を分けて考える

会社を作ること、社長になること、というのは誰でもできます。正確には15-20万円くらいのお金と、人並みの書類作成能力と、書類を作って提出する数時間が確保できれば誰でもできます。書類作成や提出は代行業者がたくさんいるので、もっと言えばお金がもう少しあればそれだけで会社を作れます。

人の採用も似ていて、誰でもできます。お金を用意すれば、人を選ばない限り誰でもできると思います。さらには、商品を作る、ウェブサイトを立ち上げる、広告を作るorウェブで打つ、などなども、誰でもできます。知識がいるものもありますがほとんどグーグルが教えてくれるので、時間さえ投下すれば難しくありません。

何が言いたいかというと、行動と成果は別だということです。会社を作って社長になり、モノやサービスを作って広告を打つ、あるいは営業に出る、そして人を採用する、オフィスを構える、といったことはすべて行動であり、成果ではありません。全部やったところでそれだけでは何の成果も出ないし顧客もゼロ、売上も利益もありません。

全部「やればいい話」なわけです。自分で行動すればできることなのです。その上で成果が出るかどうかはまた別の話。かっこいい名前の会社をイケてるエリアに設立してその社長になり、オフィスを構えて社員を何人も採用して、どどーんとプレスリリースを打ったところで、直接的には1円の売上も立たないのです。

それなのに、前述したような行動をとっただけで、成果が出ているとか会社として上手くいっているとかいった印象を持ってしまう人があまりにも多いと思います。それは起業家にもそれ以外の人にも両方に存在すると思います。

起業家として上記の行動をとっただけで会社がうまくいっていると錯覚する人はかなり危ないと思うし、自分も常に気をつけています。ひとつひとつの行動が売上を生むのか、あるいは将来的に売上につながるのか、そういうことは常にシビアに考えています。

とはいえ行動と成果を分けて考えていない人は起業家以外の人の方が多いと思います。自分でやってみないとわからないことなのかもしれません。行動力と行動そのものを賞賛するのは良いのですが、それが成果のような感覚は持つべきでないと思います。そういう人には「いやいや、誰だってできることだよ、やればいいだけなんだから」と僕はよく言っています。

会社なんてマジで誰でも作れるんです。お間違いなきよう。