読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

夢は大きく歩みは手堅く

トリハダ代表 野島優一のブログ

古いとか新しいとか言ってる場合じゃないのかもしれない

先日ファッション業界に関わりのある人から聞いたのですが、今の20歳前後のファッションモデルの人は「自分が知らないもの = 新しい」という感覚があるそうです。

 

具体的に言うと、例えば最近もよく見られる80年代風のレトロなファッションは、彼らにとっては知らないものだから「新しい」ということになるのだそうです。別にそれがもともと80年代に流行っていたものだから古いよね、とか、その古めかしさが面白いよね、とかいう感覚ではなく、単に「自分が知らない」から新しいものとして受け止めるのだそうです。

 

なるほどなーと。まぁわからないでもない。誰だって、自分が生きていなかった時代のファッション、たとえば戦前とか、もっといえば江戸時代の日本の武士の服装とかを初めて目にしたときは、「自分が知らないもの」なわけです。それを古いものとする認識は大抵は後付けのはずです。江戸時代の服装の挿絵や写真を見つつ脇にある「これは何年ごろの武士の日常的な服装で…」みたいな説明を読んで、あるいはそう話す先生の説明を聞いて、脳がそう理解するのでしょう。

 

でもその説明なしに挿絵や写真だけ見て、そのまま受けとめたら、それは新しいものとして認識するのかもしれないなと。

 

とはいえ、これだけ情報が溢れて、ネット上にも古い写真がバンバン共有されるような時代では、世の中のほとんどのものについて(特に文化的なもの、人間の身の回りのもの)、「これは古いもの」と瞬時に断定されてしまうので、見たものを自分の感覚だけで受け止めるのは難しくなっているとは思います。

 

似たような事例がもうひとつ見つかったのでリンクを貼っておきます。タイトルが的確に内容を説明していますが、ブログを書いた「私(40歳)」に似てゲーマーになった「息子(11歳)」が、レトロな名作ゲームをプレイしてどんな感想を抱くのかがとても細やかに書かれています。ていうかこの人すごく文章が丁寧というか、こういう力のあるブログは読んでいて面白いですね。

jp.automaton.am

 

注目してほしいのはこの一言。

息子「これ、8bit風のグラフィックにしてるんだね」

…うおーw。

このファイナルファイトというゲームは1990年前後に出たので当然8bitのグラフィックなわけです。わりとリアルなドット絵みたいに言うこともできるかもしれません。でもそれが11歳の少年にはそう思えるのです。

続いて父親の心の葛藤が綴られます。わかりすぎて痛いくらい。

いやいや息子よ、それは初代ファミコン時代のタイトルだからそりゃそうだよ、「してる」んじゃなくて「当時の仕様、限界」だよ、と即座に返したかった。が、同時にハっとするものがあった。一周回って「8bit風デザイン」を取り入れているタイトルが多い現在において、ゲームウォッチ時代からのゲームの進化を知っている我々世代とは違い、すでに物心付いたときからフォトライクなゲームを知っている世代にとっては、「8bit」は「レトロなゲーム感のリブート」ではなく、「よく見るの表現手法の一つ」でしかない、ということになる

先ほどのファッションモデルの人が、過去に流行ったファッションを「新しい」と捉えるのに対して、ここでは過去のグラフィックデザインが「よく見る表現手法の一つ」として捉えられています。それは完全に一致する捉え方わけではないし、前者は肯定的で後者は否定的という違いもあります。が、単に「過去のもの = 古い」みたいな感覚がない点は共通していて、2つの話が繋がって思えたのでした。

結局いつの時代のものであれ、いいものはいいしそうでないものはそうでない、ということかなと。そうなると、「古い = よくない」「新しい = いい」という考え方は辞めた方がいいというか、なんか損するんだろうなと思います。古くたっていいものがあれば使えばいい、楽しめばいいんですよね。

たぶんある程度年齢を重ねて、世の中にあるものの何が古くて何が新しいのかがわかってくると、どうも「古い = よくない」「新しい = いい」という図式が無意識にできていってしまう気がするので、なるべくそれを捨てて自由になって、自分の感覚を大事に生きていった方が、少なくとも人生楽しそうですね。

 

 

 

 

小杉俊哉『起業家のように企業で働く』

このタイトルのような感覚はとても大事だと今でも思います。僕も前職では事業立上の仕事ばかりする機会に恵まれ(ラッキー)、しかも会社全体の業績が安定して伸びていたので変なプレッシャーもなく(ラッキー)、さらに現場の若手にかなり自由に仕事させてくれる上司にも恵まれたので(超ラッキー)、まるで自分の事業であるかのように仕事に取り組んでいました。もちろん、私的に利用したとかいう悪い意味ではなく、事業と自分が重なるような感覚の良い意味で、です。

新しいことを始める時は、勤めている会社の中でやる、または独立してやる、という2つの方法が大きくあるわけで、それぞれのメリット・デメリットは独立してからより一層考えるようになりました。会社の中でやるメリットはやはり、大きなリソースが使えること(人材、設備、社名(の知名度やブランド力)、既存顧客、そして資金!)、そして失敗しても既存事業があればすぐには食いっぱぐれないこと、あたりでしょうか。この2つは新たに起業してから手に入れるのは簡単ではないと思います。ただ資金に関しては、最近は資金調達の方法も増え、難易度も下がっているかもしれませんが。

ちなみにこの本は各章ごとに有名経営者の言葉が引用されており、著者には申し訳ないですがその引用が一番勉強になりました。立読でそこだけ読んじゃうとかもアリかもしれません。

 

 

 

近い将来、労働はお金を払ってやるようになる?

大昔は常に徒歩移動だし毎日肉体労働だから、あえて運動することはしなかったはず。変わって今は日常生活で運動しなくて、でも心身の健康維持に有効だからあえて運動する。しかもジムにお金払ってまでやる。

同じ流れを労働そのものに当てはめると、今まではお金をもらうために労働してるけど将来はお金払って労働するんですかね。人類は近いうちに大半の労働から解放されそうですが、だからってなんにもせずに毎日遊びほうけてたらすぐ飽きるだろうし、逆に鬱になると思う、というかそういう事例を聞いたことある。てことは心身の健康維持のためにあえて、お金払ってでも労働するのでは。

すげー。

 

 

 

あ、お金の存在意義も同時に大きく変わりそうなので、「お金払ってでもやる」とはならなさそうですね。

2017年あけましておめでとうございます

(2017年1月4日の投稿)

あけましておめでとうございます。せっかく昨日から仕事モードでやってたのに今日になって風邪引いてしまい不完全燃焼なスタートを切っています。ああ悔しい。

昨年はとりあえず独立したわけですが、一番よく聞かれた質問は「順調?」でした。回答は「順調ではないけどどうにか前進はしてます」です。最初から順調に行くような仕事ならとっくに他の人が大成功してると思うので、そんなに簡単に行かないことは百も承知です。

何の分野でも地道な積み重ねが一番効果ある気がするし、行動し続けていれば見てくれてる人はいるし応援してくれる人も見つかります(これは昨年の大きな発見でした!応援してくれる皆さま本当に本当にありがとうございます)。後で思わぬ形で仕事になることもあると思います。できることを着々とやっていきます。

アートの説明ってどうしてこんなにややこしいのか

f:id:ychnjm:20161216180136j:plain

 

美術手帖が出版した『現代アート事典』という本を、勉強のために読んでる。構成やデザインがわかりやすいのでいいなと思ったのですが挫折しそうです。もうね、表現がややこしすぎて何言ってんのかさっぱりなんですよ。以下例。

 

モダニズム絵画の、調和による美学を脱構築した」…はぁ?

「絵画性と体験的要素と文脈喚起力を融合させた設置」えっとすいません何をおっしゃってるのか

「自立した美や造形性を持ちながらも、見なれた形が変容して不定形な模様や光学現象を表す体験を通して、凡庸な事物や風景に幾何学形やフラクタルな形を発見したときの知覚の運動や連想によって喚起される思考の働きを誘い出している」わぁぁぁもはや何語なのかわかりません

こんなことやってるからアートのファンが増えないんですよ。いや失礼、これはこれで文献としては価値があるのかもしれないし、アートを専門に研究している人には適切な表現なのかもしれません。だからこそこういう本が出てるのだろうし、美術館の作品説明もこういう文体ですよね。けどこれ読んでも新たなアートファンは生まれにくいと思うんですよ。

こういうのじゃなくて、もっと身近で、これまでアートに興味なかった人が興味持てる場というか機会を増やす方を僕は頑張ろうと思うわけです。最近そういう路線のイベントが増えているのはいいことだと思います。チームラボの作品もわかりやすくてすごくいいと思います。

こんな小難しい文章読まなくてもアートが面白い、楽しい、って感じる方法はあるので敬遠しないで欲しいです。

 

例の問題の最中にDeNA創業者南場さんの『不格好経営』を読んだ感想

読もう読もうと思いつつ後回しになっていた(たくさんの本のうちの一冊である)本書、このタイミングで読みました。面白すぎて一気に読んでしまった。そして何度吹き、何度ウルッときたことか。南場さん文章上手すぎませんか。箇条書きですが以下感想。一部引用しつつ。

・どんなに輝かしい業績を持つ会社だって実態はカオス、というのはよくある話だと思いますが、DeNAもそうなんですね。ありえないような失敗談がたくさん、それも赤裸々に書いてありました。納品直前のシステムがコード0行とわかったとか、他社と提携してリリースしたシステムに障害があってすぐ引っ込めたとか、海外の買収先の会社に全然予定通りにモノを作ってもらえなかったとか。よくこんなの乗り越えてここまで来てるよなすごいなという印象です。

・所詮中身のない携帯ゲーム会社だろ、美しくない、という意見をよく聞くし、僕もそう思っている部分がありました。特にソーシャルゲームコンプガチャ問題で世間を騒がせたときのイメージがあまりにも強い。ところが、これ読んである程度は印象が変わりました。確かにゲーム事業が成長の中核をなしてきたのだと思いますが、そもそも最初はネットオークション、特にモバイルオークションが大当たりして上場しています。その後世間に一気に知られるようになったのがモバゲーだったんですね。上場後の話です。あとカスタマーサポートには相当力を入れているようです。モバゲーが出会い系扱いされて問題化していたようですが、その後の取組の成果はめざましい。ガチャの件の対応は、既に社長を後退していたということもあってか、あまり紙面が割かれておらず残念でした。

・創業メンバーだった川田氏についてのこの文章がとても響きました。

誰よりも働く、人を責めない、人格を認める、スター社員に嬉々とする、トラブルにも嬉々とする。そして、俺は聞いていない、バイパスするな、などという言葉も概念もいっさいない。とにかく一歩でも、ちょっとでも前に進むことしか考えない。 

なんと清々しい。自分がこれまで一緒に働いた人の中には、これにとても近い人もいればかけ離れた人もいました。どちらと働いている時に仕事がうまくいったかは言うまでもありません。自分もこうあろうと思います。

・自社のトラブルで迷惑をかけた某大手に謝罪に行ったら、もちろん怒られたけど終始冷静で、最後は前向きな話に持っていってくれた、という話がありました。

何かをやらかした人たちに対する対応は、その会社の品性が如実に表れると感じる。

これもその通りだなーーーと。これは会社同士の関係にも人間関係にも当てはまると思います。1つ前の話とも重なりますが、問題を起こした人に対して人格攻撃をする人とは、正直に言って付き合いたいと思いません。そういう人は周囲もどんどん離れていって、誰からも好かれないのでは。結局損をするのは本人だと思います。人格攻撃をしても問題は解決しないし誰も幸せにならない気がするんです。そんなことしてる暇あったら冷静に前向きに、起こったことに対して協力して対処することを考える方が100倍生産的だと思います。気をつけようと思います。

・前々から思っているのですが、経営者も人間なんですよね。それは南場さんも同じじゃないかなと読んでいて思いました。部分部分では世の中の人の平均よりも能力が高いのは確かだと思うのですが(そもそもビジネス経験がハンパないので当然ですね)、やっぱり最初はたくさん失敗しているし、その度に挫けそうになりながら、色々な人に助けられて、泥臭く泥臭く頑張ってなんとか踏ん張って再起していく。結局順風満帆に進む人生も会社もないのだと思います。

許されるなら孫正義さんの鞄持ちをしてみたい。(中略)私と同じ24時間しかない1日をどうやって過ごしているのか、時間配分だけでなく、パソコンのデスクトップに何を置いているのか、独り言は言うのか、ゲームは何をやっているのかなど、いろいろ関心がある。

これって、一般人が有名人に対して思うことと全く同じだと思うのです。それこそ南場さんに影響を受けた社会人は南場さんに対して全く同じことを考えていると思います。だからこの「自分よりすごいと思っている人の行動や考え方を詳しく知りたいという気持ち」は有名経営者であってもそうでない庶民であっても同じだと思います。これは庶民としてはとても勇気の出る話だし、前向きになれますよね。その意味でこの思いをぶちまけてくれた南場さんに感謝したいです。

DeNAで模範とされている仕事への姿勢に「自分の仕事に対するオーナーシップと思考の独立性を自然に持ち合わせている」というのがあるようで、これもとても大事だなと感じます。僕の場合は、ある時から仕事でこの感覚を強く持てるようになり、同時に、それまでの人生がウソのように仕事が楽しくなり、成果も出て、評価もしてもらえるようになりました。責任感も自然に適度に生まれて、なんというかすごく健全な状態で仕事ができるようになったのを覚えています。その時は環境的な要因が大きく作用してこの感覚に至ったのですが、思考も行動も自分に独立性が認められているというのはとてもワクワクするし頑張れるものです。会社としてそういう環境を作るのも非常に大事なのでしょう。

・最近話題になっているメディアサイトの問題と絡む部分として書き留めておきたいのは、現社長である守安さんの「任せる勇気」について言及されていたこと。これを南場さんは高く評価しているようでした。僕個人も、組織の行動のスピード感や現場のオーナーシップを高く保つためには、現場への権限委譲はかなりの度合いで行うべきだと思うので、この方針には賛成だなと思いました。ただ、問題になった例のメディアサイトの運営ではこれが裏目に出てしまったということではないかと思います。各種報道でも「社長の守安氏はマニュアルの内容を把握していなかった」という点が取り上げられたりしていますが、これは大規模の会社であれば当然の話だと思うのです。

それは決して無責任なのではなくて、その内容まで含めて事業の責任者や現場の人間に「任せ」て、その上で問題が発生した場合の最終責任は社長である自分が負う、という形の責任のとり方として十分にアリではないでしょうか。むしろ守安さんが各事業の現場のマニュアルをいちいちチェックしていたら、もっと重要な経営判断の仕事がおろそかになりえます。それだけでなく、事業責任者や現場の人間は「自分たちは社長に一切信頼されていない」という印象を持ってしまう可能性もあり、それは彼らのパフォーマンスを著しく下げます。会社の中核となるようなマニュアル、例えば小売業で全店舗に適用するもの等であれば社長が見るものかもしれませんが、今回はそうではない。見ない場合のリスクも全部わかった上で現場に任せていたはずだし、その方針自体は正しいと思います。そして事実、社長はじめ経営トップの3名が記者会見を開いて謝罪し、対応を発表し、社長は減給も申し出るという形で責任をとっています。起こったことは僕もヒドいものだと思うし、この対応だけで許されるわけでは全くないけど、現在のところしかるべき対応はとっているというか、筋は通っているのではないでしょうか。(ていうか記者会見の映像見てたら守安さんを尊敬する気持ちと南場さんに対するいたたまれない気持ちが猛烈にこみ上げてきて泣きそうになったんですが皆さんどうだったのでしょうか…)

DeNAの内情について詳しくない人間が勝手なことを書いてはいけないかもしれませんが、今回の問題の要因になったのはごく一部の人達だけなのではないかという気がしています。第三者委員会では企業風土なども含めて原因の究明を行うようですが、少なくとも本書を読む限り、企業風土はむしろこういった問題を起こす可能性が低いものではないかと思います。過去にゲームで何度も社会問題化した経験は確実に活かされている印象を受けます。知的に優秀で仕事に熱心な人が集まる会社であることは間違いないと思いますので、誠実な対応で再起を図ってくれると信じています。

 

注: この記事は元々noteに載せていたものをタイトルを少し直して掲載しています。

行動と成果を分けて考える

会社を作ること、社長になること、というのは誰でもできます。正確には15-20万円くらいのお金と、人並みの書類作成能力と、書類を作って提出する数時間が確保できれば誰でもできます。書類作成や提出は代行業者がたくさんいるので、もっと言えばお金がもう少しあればそれだけで会社を作れます。

人の採用も似ていて、誰でもできます。お金を用意すれば、人を選ばない限り誰でもできると思います。さらには、商品を作る、ウェブサイトを立ち上げる、広告を作るorウェブで打つ、などなども、誰でもできます。知識がいるものもありますがほとんどグーグルが教えてくれるので、時間さえ投下すれば難しくありません。

何が言いたいかというと、行動と成果は別だということです。会社を作って社長になり、モノやサービスを作って広告を打つ、あるいは営業に出る、そして人を採用する、オフィスを構える、といったことはすべて行動であり、成果ではありません。全部やったところでそれだけでは何の成果も出ないし顧客もゼロ、売上も利益もありません。

全部「やればいい話」なわけです。自分で行動すればできることなのです。その上で成果が出るかどうかはまた別の話。かっこいい名前の会社をイケてるエリアに設立してその社長になり、オフィスを構えて社員を何人も採用して、どどーんとプレスリリースを打ったところで、直接的には1円の売上も立たないのです。

それなのに、前述したような行動をとっただけで、成果が出ているとか会社として上手くいっているとかいった印象を持ってしまう人があまりにも多いと思います。それは起業家にもそれ以外の人にも両方に存在すると思います。

起業家として上記の行動をとっただけで会社がうまくいっていると錯覚する人はかなり危ないと思うし、自分も常に気をつけています。ひとつひとつの行動が売上を生むのか、あるいは将来的に売上につながるのか、そういうことは常にシビアに考えています。

とはいえ行動と成果を分けて考えていない人は起業家以外の人の方が多いと思います。自分でやってみないとわからないことなのかもしれません。行動力と行動そのものを賞賛するのは良いのですが、それが成果のような感覚は持つべきでないと思います。そういう人には「いやいや、誰だってできることだよ、やればいいだけなんだから」と僕はよく言っています。

会社なんてマジで誰でも作れるんです。お間違いなきよう。